« 久しぶりのブログです。 | Main | 10月10日、旭日大綬章感謝の夕べをしました。 »

September 23, 2013

秋の日に思うこと

 台風も通過し、秋晴れの中、那須高原に一泊してきました。ゆっくりのんびり、幸せなひとときです。那須で初めて開拓された地を訪れました。毬栗が転がっており、田舎で育った友人達は嬉々として脚でその毬栗を踏み潰し、中の栗を私に渡してくれました。これは生で食べると美味しいんだ、歯が欠けないかと心配しながら生まれて初めて生の栗を食べました。
55
15

 那須高原では、また、那須ワインというところに行きました。ワインのラベルが私の母校である学習院の桜のマークなので、小中高と制服の胸もとに光っていた桜のマークがこんなところにも使われていること思わず嬉しくなり数本購入しました。今は猫も杓子もワインの時代ですが、ここは明治時代からおじいさんがワインを作っていたそうです。なぜここでワインを作ったのですか、それも明治時代に、と尋ねたら、たくさんの良質なブドウが獲れたので果物としてはもとよりのこと、ワインやジュースにと作り上げたのです。農家としてブドウの栽培が基本になっています、と言われました。日本の製品は、名前はあまり売れなくても、そのように基本を大切にしながら発展していったのだと、思わず考えさせられました。
25

 また、牛の研究をしているところにも視察しました。どのような栄養成分を与え、どのような牛を育てていくのか、それを私たちが食べたとき、人体にどのような良い影響を与えるのか。研究課題は広域にわたり、牛と向かい合っている真摯な研究者の問題提起や課題に改めて感服しました。正直言うと、家畜が苦手な私には未知の世界でした。いつも、新たな発見ができる日々に感謝しています。
85

 翌日、那須温泉の源泉である大丸旅館の混浴のお風呂に入りました。川が温泉として湧き出て流れているのです。素朴になんと日本は素晴らしいのかと思いました。その源泉が、那須の御用邸のお風呂にもなっているようです。天皇陛下や皇后陛下もこのお湯でしばしの疲れを癒されることがおありになるのでしょうか。なぜか一国民として森林の中の温泉に浸かりながらしみじみとした幸せを感じました。

|

« 久しぶりのブログです。 | Main | 10月10日、旭日大綬章感謝の夕べをしました。 »