« 国際会議の報告です | Main

July 29, 2014

アイスランド紀行

またしてもタイムリーではないのですが、アイスランドのことについて書きたいと思います。

7月上旬、娘が名誉領事をしているアイスランドに京都経済同友会の方々30数名と行きました。娘は京都経済同友会の副代表幹事であり、2年に1度海外視察があり、長谷代表幹事のご提案でアイスランド視察が決まりました。42度の極暑のギリシャから、8度のアイスランド。8度といっても体感温度はマイナスほどの厳寒でした。立っていられないほどの激しい風に見舞われ、その寒さは身に応えましたが、有意義な3日間を過ごしました。

アイスランドというと、真っ先に思い浮かぶのは2008年の世界金融危機の影響を強く受けた国家の財政破破綻、また、地域によっては2週間も航空運航ができなかった2010年の火山爆発です。経済は徐々に復興をとげ、いま経済は上昇しています。

国土は北海道より少し大きく、人口は約32万人、秋田市とほぼ同じです。首都レイキャビックの人口は約20万人、これは熊谷市とほぼ同じです。
雨と風と嵐の国ですが、同時に安心・安全の国でもあります。7割の人間が漁業関連にたずさわっており、厳しくも美しい風土をもった、人権を尊重する国です。
特徴のひとつはなんといっても、地下資源が豊富であること。そしてメキシコ海流のため、冬でも極度に寒いということはないようです。(私が行った7月はイレギュラーなようです)世界平和指数においては、アイスランドは1位、ちなみに日本は7位です。世界で唯一防衛を持たない国でもあるのです。

温暖化の影響によって、今まで南極海港路でしか行けなかったのが、最近は北極海航路をつかうことができるようになりました。それは経費の点で3割ほど削減になるようで、世界の人たちはいま最も注目しています。一番積極的に動いているのは中国であり、私は日本が乗り遅れるのではないかと心配していましたが、帰ってきたら新聞で日本も北極海航路をつかうとの記事を見てほっとしました。でも中国は、いつも30年50年先を見込んで戦略的に物事をおこすので、今回も北極海航路をはじめとして、地下資源豊富、防衛軍をもたないアイスランドになにを仕掛けてくるのか、注視しているところです。アイスランド人は本質的に中国よりも日本が好きなようです。しかし、中国はヨーロッパの国として初めてアイスランドと協定を結び、アイスランド人の誇りを満足させました。
日本はオーナー社長も少なく、首相もすぐに変わるので、30年50年後を見据えた戦略をなかなか立てられないことを、私は残念に思っています。その点中国は国をあげてのことなので、太刀打ちできないという思いを持つことがあります。
たとえばキューバにおいても、アメリカが撤退するとともにキューバにおける中国の力は大きくなり、最近ではキューバの石油採掘利権を買ったといわれていますし、キューバを走る車のほとんどが中国製だともいわれています。
またドイツにおいては、メルケル首相にすぐにすり寄りました。最近もドイツ首相が中国を訪れ、経済の連携をはかったようですし、中国では今やトヨタをしのいで、フォルクスワーゲンの車が多く走っているようです。ギリシャにおいても今や中国は経済進出を果たし、不気味な存在となってきています。
危機に際して手を差し伸べられた国は恩に着るのでしょう。日本においても、あっと気が付けば中国が水の資源のもととなる山林を買い取ってしまっていました。やはり中国は戦略的に恐ろしい存在だという気がします。

ギリシャにおいても今や中国は経済進出を果たし、不気味な存在です。
中国のみならず、世界の人がいま注視しているアイスランド。大変魅力的なところです。「ギャオ」という地球の割れ目があります。地球はアイスランドで始まり、日本で終わっているのです。プレートの始まりであり、私もそれを見てきましたが、目の前はユーラシア大陸、そして私の立っていたところは北アメリカ大陸。自然の偉大さに感服しました。またいまにも爆発しそうな火山をかかえているので、間欠泉がおおく、数分おきに高いお湯が噴き出る様は見ごたえのあるものでした。ホテルの窓から海が眺められ、その間に緑や赤の屋根の家が見られ、絵本のようなかわいらしさでした。でも人は一人も通っておらず、確かに人口が少ないのですから当たり前のことですが、人口密度の高い日本に住んでいる私には不思議な光景でした。
人権教育に力を注ぎ、この国はすべて平等を大切にしています。結婚は2度3度しても普通のことであり、それで偏見を持たれることはありません。離婚しても父親は個別に自分の子供に養育費を払うのではなく、国に直接払い、母親は国から支払ってもらっているので、困ることはありません。「自由で平等で安全で、ここに住んだら気楽で幸せです」と30年住んでいる日本人ガイドさんは言っていました。
1986年、ゴルバチョフとニクソンがアイスランドで会談しましたが、その時は当然防衛軍がないので警察が警備し、そのときの場所はホフディーハウスというなんとも小さな家でした。海に近く、襲おうと思えばすぐに襲えるのに、軍備を持たないがゆえに国際社会が見守っていたのでしょうか。その後1989年マルタ会談で米ソは冷戦終結を宣言しましたが、レイキャビックは冷戦終結のきっかけの地となったのでした。
アイスランドではすべて決済はカードであり、十円からカードで払うことができます。私もアイスランド通貨クローナは一度も使いませんでした。最後の日はブルーラグーンという大きな露天風呂のようなところに入り、みんな歳を忘れ子供のようにはしゃぎ、アイスランドを後にしました。オーロラを見られなかったのは残念でした。住めば住んだで、幾多の困難もあるのでしょうが、他国を訪れ、異なった価値観や人々の生き方、文化、偉大な自然に触れることは新鮮な驚きを感じさせてくれます。


2

3


4


Photo


1


|

« 国際会議の報告です | Main